e-sports

デザイン会社が手がける eスポーツロゴ制作

eスポーツチームにとって大切なのは、強固なチームワーク。

ロゴデザインをベースとしたチームブランディングが、チームの結束力を大きく飛躍させます。

チームのロゴマークを使った各種グッズデザインもお任せください。

ステッカー、ソーシャルメディア用アイコン、ユニフォーム、名刺など幅広くサポートいたします。

デザイン面でお困りのこと、お気軽にご相談ください。

eスポーツが注目される理由

eスポーツの全世界での競技人口は、2018年時点では1億人を超えていると言われています。

欧米では1990年代後半から高額な賞金がかけられた世界規模の大会も開催され、参加者の中にはアマチュアから年収1億円を超えるプロゲーマーが誕生しました。

eスポーツの最も一般的なゲームのジャンルは、リアルタイム戦略ゲーム、戦闘ゲーム、シューティングゲーム(FPS)、マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)など。日本人に馴染みのある多くのゲームも
eスポーツ国際大会の対象となっています。

2017年の調査では、eスポーツは世界中で3億8,500万以上の視聴者がいるとされています。

国際大会、リーグオブレジェンズ世界選手権、エボリューション選手権シリーズ、インテルエクストリームマスターズなどの巨大なトーナメントでは、巨額な賞​​金が提供されます。

世界各地で開催される大会では、ファンがアリーナやスタジアムを満員にし、大会のライブ配信で現地の熱気を伝えるなど、盛り上がりを見せています。

eスポーツゲームについて

格闘ゲーム、シューティングゲーム、戦略ゲームなどたくさんのゲームにおいて有名なプロの大会が開かれています。

有名なゲームとして、Counter-Strike: Global Offensive, Call of Duty, League of Legends, Dota 2, Smite, Rocket League, World of Tanks, Heroes of the Storm, Hearthstone, Super Smash Bros. Melee, StarCraft II and Overwatch. 

日本eスポーツ連合もプロライセンスを発行する最初の公認大会を開催。

発行予定のタイトルは「ウイニングイレブン 2018」「コール オブ デューティ ワールドウォー II」「ストリートファイターV アーケードエディション」「鉄拳7」「パズル&ドラゴンズ」「モンスターストライク」。